切れ味素晴らしい現代の出刃包丁!使い方や歴史に関する常識

包丁

出刃包丁の歴史や特徴について

2本の包丁

包丁には様々な種類があります。 一般的に家庭で使用される包丁だったり、果物ナイフだったり、料理人の方々が使う包丁などがあります。 出刃包丁のその一つですが、みなさんは出刃包丁がどのようなものか、知っていますか? あまり、意識したことがないのではないかと思います。 そこで、出刃包丁とはどのような包丁かを、紹介したいと思います。
出刃包丁とは、魚を使用した料理などに使用する、刃が厚く幅が広く刃の先が、尖っている包丁です。 魚だけではなく、今となっては肉を切る際にも使用されています。 刃渡りが10cmから50cm程度の大きさのものまで、様々あります。 一般的な家庭で使用されている出刃包丁は、およそ15cmから20cmくらいの出刃包丁が多いです。 種類が多いため、使用する用途に合わせて、出刃包丁を使い分けていくことが出来ます。
出刃包丁は、江戸時代から使用されているとされています。出刃包丁は、魚を三枚おろしにする為に設計された包丁となります。 魚の骨を切るために、他の包丁に比べて重いものとなっています。 一般的には、片刃ですが地域により両刃だったり、刃の幅を少なくしているものだったりと、様々な出刃包丁があります。 出刃包丁とは、元々魚を捌くための包丁なのです。

article list

2017年11月02日
出刃包丁を正しく管理を更新しました。
2017年11月02日
美味しい魚料理を作るコツは包丁にありを更新しました。
2017年11月02日
出刃包丁のお手入れについてを更新しました。
2017年11月02日
出刃包丁の歴史や特徴についてを更新しました。