切れ味素晴らしい現代の出刃包丁!使い方や歴史に関する常識

包丁

出刃包丁のお手入れについて

沢山の包丁

我家の出刃包丁は、使い始めてから30年を超えました。 持ち手は、木製で、出刃の部分は、鉄製です。 ずっしりとした重みがあります。 毎日使うわけではなく、釣ってきた魚をさばく時に使います。 普通の包丁では、なかなか魚をさばくことは、難しいです。 使った後は、台所用の洗剤できれいに洗って、サラダ油を薄く塗っています。 時々、砥石で研ぐことも忘れません。
買ったばかりの頃は、この出刃包丁には、茶色い油紙と言うものがついていました。 料理の後で、きれいに洗った出刃包丁を油紙で包んで保存していました。 でも、その油紙も月日が経つとともにボロボロになってしまいました。 鉄は、水気を残したまま、片付けると赤い錆がつきます。 錆がつくと、次に使う時に困ります。 ついた錆を落とす方法を自分なりに色々考えました。 その結果、サラダ油を含ませたキッチンペーパーで拭き取る方法を思いつきました。 何故か、錆は、サラダオイルで綺麗に落ちました。
また、錆びる前にサラダオイルを薄く塗っておくと錆びないこともわかってきました。 最近では、ステンレス製の出刃包丁もあるようです。 ステンレス製の出刃包丁は、きっと錆びることもなく、お手入れは簡単だと思います。

article list

2017年11月02日
出刃包丁を正しく管理を更新しました。
2017年11月02日
美味しい魚料理を作るコツは包丁にありを更新しました。
2017年11月02日
出刃包丁のお手入れについてを更新しました。
2017年11月02日
出刃包丁の歴史や特徴についてを更新しました。